インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは言えません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。
その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。
それは違います。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。
しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。
それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活するよう気をつけてください。
日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は当分控えてください。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。
参考にしたサイト⇒歯を白くする歯磨き粉をセルフチェックが必要です